横断幕を作るのに芸術力は必要なし!

横断幕のネット通販ならいつでもデータ入稿で注文可能!

今ではデジタルデータをインターネットを利用して入稿することができ、横断幕の専門業者に依頼する際にも専用フォームから注文が行えます。そして急に横断幕が必要になった際でも、時間を気にすることなく発注ができます。横断幕の製作を実店舗で営業する専門業者に依頼する場合、どうしても問題となるのが営業時間です。夕方以降ともなると営業時間外となり、翌日以降の発注しかできません。
しかし、インターネットなら24時間365日いつでも注文依頼を行うことができ、デジタルデータを予め作成し、注文の際にデータ入稿すれば専門業者の営業開始と共に製作対応となります。データ校正の早い専門業者であれば、当日中にプリントデータの作成、翌日にはプリント加工そして3営業日目には発送されます。例えば、週末のイベント開催までに間に合わせたいという場合でも輸送事情を考慮すれば、月曜日に注文を行えば金曜日には手元に届く可能性もあります。
もし、大会やイベント開催前に横断幕の発注漏れに気付いた場合でも、焦ることなく納入を待つことができるため、横断幕を発注する際はネット通販で営業する専門業者に依頼するのがおすすめです。自社でデータ作成からプリント加工するため、外注業者を利用する専門業者に比べると納期は断然早くなります。

横断幕が古くなった!同じデザインで製作可能!

横断幕も使用すればするほど、経年劣化が進行します。しかし、新しい横断幕にしようとしても、デザインをそのままにしたいという場合には何かと問題が生じます。過去に購入した際のデザイン画が無く、同じデザインで製作できないというものです。古い横断幕ほど、現在とは異なりデジタルデータでの保管管理はされていません。
しかし、横断幕の製作を専門業者に依頼することで解決できる可能性があります。デジタルデータでのデザイン入稿が主流ではあるものの、専門業者の中には横断幕の実物や写真から同じデザインでトレースしてくれるサービスがあります。使用する記事やプリントインクは以前のものと異なりますが、デザインが忠実に再現され、色味も可能な限り近づけてくれます。経年劣化により色あせが酷く色合いの再現が困難という場合でも、写真があればその問題もしてくれます。
もし、横断幕を定期的に新しいものの交換して、綺麗な状態を維持したいのであれば、同じデザインで製作してくれる専門業者に依頼するのがおすすめです。また、一度作成したデザインデータも保管してくれる業者もあるため、同じデザインで横断幕を量産することもできます。デザイン画がないときこそ、専門業者のメリットは大きくなります。

見所一覧

2018年06月19日
横断幕はネットで簡単注文!を更新。
2018年06月19日
生地によって全く違う横断幕を更新。
2018年06月19日
色んなパターンを取り入れる横断幕製作を更新。
2018年06月19日
横断幕を作るのに芸術力は必要なし!を更新。
ページトップへ