横断幕はネットで簡単注文!

専用ソフトが無くても横断幕は製作可能!市販のパソコンでOK!

今では、横断幕の製作もインターネットを利用して専門業者に依頼するという方法が主流です。24時間365日いつでも製作依頼が行えるだけでなく、遠く離れた専門業者に依頼することもできます。例えば、日中は忙しく夕方以降なら時間に余裕があるという場合でも、専門業者の営業時間を気にする必要が無い上、わざわざ店舗に足を運ぶ必要もありません。
しかし、デジタルデータをインターネットで入稿する際に問題となるのが、イラスト専用ソフトやデザインソフトが無いという場合です。ソフトは高額になる分、個人ではなかなか手出しができません。ですが、インターネット通販の専門業者に依頼するのであれば、パソコンの標準仕様となっているペイントソフト、ワードやエクセルで作成したデザインでも問題がありません。届いた原画データから横断幕のプリントデータを作成してくれ、近似色や書体にで製作を行ってくれます。
例えば、中学校や高校などでクラスで横断幕を作成する際、ノートパソコンだけでデザインを作成できるということになり、デザインをわざわざ起こし直す必要もなくなり、製作を依頼するまでの手間を削減できます。
もし、専用ソフトがなく、デザインデータの入稿に心配という方はデータの再構成に対応する専門業者に依頼するのがおすすめです。中には、無料で対応してくれる業者もあり、費用の心配もありません。

横断幕を専門業者に依頼すればデータも保管してくれる!

イベント用やスポーツ大会用、そのほか広告媒体として横断幕は活躍してくれます。大きな面積にプリント加工ができるため、遠くからでも出だたせることができ、注目を引くことができます。しかし、一度横断幕の製作を専門業者に依頼するとしばらくの間は再発注することが無くたったりもします。その結果、いざ横断幕の製作を専門業者に依頼する際、デザイン原画が無いく、同じものを再製作できないこともあります。
ですが、インターネット通販の専門業者に依頼すれば、デザイン原画をデジタル入稿することとなり、そのデータを10年間保管してくれるサービスもあります。そのため、万が一、自身で保存しているデザイン原画がパソコン更新などで喪失してしまった場合でも、原画データが保管されているため、安心して再発注が可能です。
また、このデータ保存サービスのメリットは、既に使用している横断幕にも適用が可能であり、横断幕の製作を依頼する際に既存デザインからデジタルデータへデザインを起こし直してくれます。そのため、古い横断幕も何度でも再生可能となるため、デザインを変えずに長く横断幕を使用したいという場合においてはおすすめのサービスです。データ保存の費用は無用であり、最発注の際には顧客情報からデザインを呼び出せるため、製作もスピーディーになり納期短縮にも繋がります。

見所一覧

2018年06月19日
横断幕はネットで簡単注文!を更新。
2018年06月19日
生地によって全く違う横断幕を更新。
2018年06月19日
色んなパターンを取り入れる横断幕製作を更新。
2018年06月19日
横断幕を作るのに芸術力は必要なし!を更新。
ページトップへ