生地によって全く違う横断幕

目的ごとに最適な生地を使った横断幕を注文する

サッカーや野球、バスケットボールなどのプロスポーツチームの応援や、地域の清掃活動などのイベントをPRするなどの目的で掲げられる横断幕ですが、必要になった場合は自作するよりも専門業者に依頼した方が、クオリティが高く長持ちするものを手に入れることができます。
目的に合ったデザインさえきれいにプリントできれば、生地の種類はどのようなものでも構わないのではと思う人もいるかもしれません。でも、横断幕を主に使用する場所が屋内か屋外かで相性のいい生地は全く違います。用途ごとにどのような生地が最適なのか的確に判断できるのは、横断幕などの製作を多く手掛けてきた専門の業者でしょう。ほとんど屋内で使用する場合は、トロマットという生地が適しています。素材はポリエステルでできているので丈夫で扱いやすく、長期間の保管が可能ですし、折りたたんで携帯するのにも便利です。
外見上の特徴としては、布目があることと光沢が控えめでマット感が出ているということです。スポーツ観戦時や部活動の大会用の横断幕を製作する時に多く使われています。一方、屋外での使用が中心になるなら、ビニールでできているターポリンが最適です。生地が水をはじいてくれるので、急に雨が降ってきた時でも安心です。

風に強い横断幕も製作依頼ならネット通販専門業者へ!

横断幕を使用するシーンは、イベントやスポーツ大会、広告宣伝など多岐に及びます。また、設置場所も屋内や屋外などさまざまであり、設置場所で問題になるのは風の影響です。風対策といえば、横断幕の耐久性を高くし、ハトメ金具を外れ難くしたり、破れ難い生地を使いといったことをイメージします。しかし、耐久性を上げただけでは風を受けることに変わりはなく、むしろ余計に風の影響を受けやすくなることもあります。
ですが、インターネット通販で横断幕を専門業者に依頼する場合、耐久性だけでなく、風の抵抗を軽減できる生地を選択することが可能です。一般的なターポリン製の横断幕は、通気性は悪く横断幕が風の影響を受けやすくなっています。しかし、豊富な生地のラインアップの中には通気性の高いメッシュ素材もあり、風の軽減対策に有効となっています。メッシュ素材になる分、生地が軽量となり、生地内に水分を溜め難くもなります。そのため、暴風雨の際に直ぐに撤去が難しい場合でも安心を得ることができ、風の影響が受け難い分、撤去作業の効率化も期待できます。
もし、風に強い横断幕を希望している場合、生地のラインアップが豊富で、風対策向けの横断幕の製作を得意とする専門業者に依頼してみるのがおすすめです。

見所一覧

2018年06月19日
横断幕はネットで簡単注文!を更新。
2018年06月19日
生地によって全く違う横断幕を更新。
2018年06月19日
色んなパターンを取り入れる横断幕製作を更新。
2018年06月19日
横断幕を作るのに芸術力は必要なし!を更新。
ページトップへ